雨のことと10種雲形のことについて勉強した

雨などについて勉強しました。雨の最高記録は、1982年7月23日に長崎県で1時間に187mm降ったときです。次は、雲の種類(10種雲形)についてです。積乱雲(雷雲)は、雄大な積雲がさらに発達してできます。雷や突風、強いにわか雨や雪をともないます。巻層雲(うす雲)は、前線や低気圧が近づいています。次の日は雨の日が多いです。高層雲(おぼろ雲)は、近いうちに弱い雨か雪が降ります。乱層雲(雨雲)は、暗い灰色で雨や雪を休みなく降らせます。巻雲(すじ雲)は、夏の場合は晴天が続きます。積雲(わた雲)は、おだやかで天気が良いです。夕方に消えます。層雲(きり雲)は、地上に達すれば霧です。霧雨が降ることがあります。巻積雲(うろこ雲)は、天気は下り坂になります。高積雲(ひつじ雲)は、巻積雲より雲のかたまりが大きいです。層積雲(くもり雲、うね雲)は、雨は降らせません。聞いたことのある雲の名前が多かったですが、復習できて良かったです。ミュゼ キャンペーン

雨のことと10種雲形のことについて勉強した