野菜や果物を使って電池をつくるやり方などを勉強

いろいろな電池について勉強しました。まずは、77円電池についてです。1円玉と10円玉があればできます。用意するものは、10円玉7枚と1円玉7枚と発光ダイオードとティッシュです。ティッシュを丸く切り、食塩水にひたし、10円玉と1円玉の間にはさんで重ねます。発光ダイオードの長いあしを10円玉側に、短いあしを1円玉側にテープではります。そして、発光ダイオードが点灯します。次は、果物の電池についてです。果物や野菜を使って電池をつくれます。用意するものはグレープフルーツ、銅板、亜鉛板、リード線、発光ダイオードです。まず、銅板を焼いて表面を酸化させます。2つに切ったグレープフルーツに銅板と亜鉛板をさします。そして、グレープフルーツを2個直列にし、発光ダイオードをつなぎます。この他にも、いろいろな野菜や果物をつなぐことができます。このようなことを学びましたが、今まで知らなかったことを知れたので良かったです。http://xn--eckrh3f3cub8dycua1f.xyz

野菜や果物を使って電池をつくるやり方などを勉強